2016年8月20日土曜日

マルサン「ゴジラ」のプラモデルと復刻版 その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第87回)

今回は、「ゴジラ」アニメ化記念として国産「ゴジラ」プラモデル第一号の紹介です。

今回紹介する「その1」は、最初期のマルサン電動プラモデル「ゴジラ」」を詳しく、
そして「その2」では、気軽に入手できる復刻版を紹介いたします。
 
このマルサン電動プラモデル「ゴジラ」は、まだソフビ怪獣も存在しない世界に突如現れた、国内怪獣玩具第一号です。現在まで続く怪獣玩具(TOY)の流れは、ここから始まっています。正確な発売時期は未確認ですが、1964年末と言われています。
 
ゴジラは、怪獣プラモデル第一号ですから、当然、マルサン怪獣プラモデルの中では発売期間も一番長いため、マルサンロゴの変更に伴い、ロゴ違いの箱が存在しています。
 
ロゴ違い3タイプです。初期発売箱と言われている物は、英字のマルサンロゴの物です。
各タイプの正確な発売時期も不明ですが、マルサンロゴの使用期間から推測すると、英字ロゴ版は1964年末~、プラモロゴ版は1966年~、マルザンロゴ版は1967年末~頃と思われます。
また、プラモロゴ版には、側面のGODZILLAロゴが「黒色」「青色」の2種類が確認されています。
 
 
初期発売、最高峰のマルサン英字ロゴ版「ゴジラ」です。
 
この初期発売、最高峰のマルサン英字ロゴ版「ゴジラ」は、下画像の少し小さい左の組立書が入っている物が、初期出荷物と言われ、さらに貴重なお宝となっています。
改訂版の右側組立書は約A3で両面刷りです。このA3版への切り替えは、初期組立書が細かくわかりずらいのと、裏面のぬり絵に、ぬり絵応募の締切日が書かれているため、締切日後の使用ができなくなったためと思われます。このA3版は、マルザンロゴ版登場まで使用されることになるので、金型修正による改訂版もあります。
 
実は、初期出荷物は「箱」にも違いがあり、その最初期箱は、さらなる超激レア品となっています。
 
違いは、箱側面にあります。
※一般箱の側面画像はゴジラTOY博物館(発行/株式会社バンダイ)より
側面、最下段の「リモートコントロール、モーターTKK13、単3 2本使用」の黒文字が、一般箱では、ゴジラの赤文字ギリギリまで上に寄せられています。
これは、下段ギリギリの位置にあった黒文字まで裁断される場合があり、その対処法として、できるだけ黒文字を上にずらしたためと思われます。
マルサン商店「初」のキャラクタープラモデルですから、社として力も入れ、直ぐに対応したのでしょう。
 
当時の裁断技術は、現在のように正確ではないため、下段の文字が半分しか無かったりと、1960年代の「プラモデル箱」には割と良く見かけるミスです。裁断が少し斜めになっていたりする物も、そのまま出荷されたりしている時代でした。
 
裏面がぬり絵になっている初期組立書は、ぬり絵応募の締切が、「昭和40年(1965年)1月31日」と記述してあります。当然、1月31日直前出荷ロットの組立書は、A3版に切り替わっているので、この初期出荷物は、ほんの1ヶ月程の期間しか市場に流れていなかったことになります。コレクター間では、日東科学の黒箱ガメラと同じく、人気の高い、謎の逸品となっています。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、「ゴジラシリーズ」のプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

2016年7月30日土曜日

プラモデルみたいな組立式合金TOY

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第86回)
 
今回も、シンゴジラ公開記念として「ゴジラ」関係キット紹介です。
キットと名は付いていますが、プラモデルではありません。
組立式のプラモデルみたいな合金TOYのご紹介です。
 
ブルマァク、ジンクロン合金の「組立式 ゴジラ」です。
ポピーの超合金を含めた各メーカーの合金TOYの中でもレアな部類に入ります。
当時価格は1400円。普通売りのゴジラ(左)が1350円ですから、安い感じを受けます。
正式名は「ジンクロンキット ゴジラ」。 「GODZILLA」じゃなくて「GOJIRA」になってます。
 
このジンクロンの組立シリーズには、他に「メカゴジラ」とロックバットの「ブレイザー」があります。「ゴジラ」と「メカゴジラ」は同じ箱サイズで、「ブレイザー」は少し小さいです。
箱中です。画像では分かり難いのですが、表面は透明プラ板が蓋のようになっています。
 
ジンクロン合金のゴジラは、画像のように2色が確認されていますが、組立キットのセットは茶色タイプとなっています。
 
組立書です。セットのドライバーで組み立てていきます。
 
組立式と言えば、ポピーのダイカスト「サイクロン号」も有名です。こちらも「ゴジラ」「メカゴジラ」同様に激レア&人気高となっています。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、「ゴジラシリーズ」のプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年7月20日水曜日

ブルマァク 復刻版「ゴジラシリーズ」の見分け方

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第85回)
 
 
今回は、シンゴジラ公開直前記念として、ブルマァクのゼンマイ「ゴジラシリーズ」のオリジナルと復刻版の簡単識別法をご紹介します。
※ハイパーホビー(平成13年・VOL.34)より
 
 
ブルマァクのオリジナル発売は1975年頃。
金型が発見されたということで、2001年にバンダイから3種が復刻されました。
※画像は3点とも復刻
ゴジラ、ガイガンがゼンマイ走行そのままで復刻され、発売未確認だったキングギドラも同時に金型が発見されたとのことで、少し遅れて同年末にリリースされました。
キングギドラは現在まで発見報告が無く、未発売とされているため、参考にできるパッケージ画がないので茶箱のみとなっています。
 
 
ゴジラとガイガンの流通形態は、下画像のような外箱の中に、Tシャツ1枚と、オリジナルとそっくりな商品が入っています。価格は3種とも各8000円。
 
 
このように、外箱から出してしまうと、オリジナルと復刻版は見分けがつきません。
オリジナルと復刻版では、フォントの違いや文字位置・大きさなど、細かい差異はありますが、非常に簡単な識別方法があります。
 
下画像のように、オリジナルには箱表面下に「ST表記」がありますが、復刻版には「ST表記」はありません。
ガイガンも、同様に識別できます。
写真1枚で簡単に識別できる方法です。ぜひ、ご参考にして下さい。
 
ブルマァクのゴジラ(ゼンマイ・当時1000円)は、金型修正前の「ゴジラ(リモコン・当時700円)」よりも現存数が少なく、レアだと言われています。
地方のリサイクルショップなどでは、オリジナルが復刻版と間違われて紛れている可能性もあります。ぜひ、そんなチャンスに遭遇した際には、お見逃しなく!!
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、復刻版各種プラモデル多数在庫中です!ブルマァク「ゴジラシリーズ」も多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、今回紹介したブルマァクのオリジナル「ゴジラシリーズ」始め、オリジナルの「キングギドラ」ありましたら、超高額買取いたします!また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年6月29日水曜日

ニチモ(日本模型)のSFシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第84回)

今回は、ニチモ(日本模型)のSFシリーズを紹介いたします。
シリーズは全6種。キングシャークのみ、再販を重ねているので知っている方も多いと思います。1968年2月に発売されたNo.1~3の「SF戦車型」、さらに同年5月発売のNo.4~6の「フライングサブ型」の2郡に分けられます。


●シリーズNo.1 「アドベンチャー」
ミサイル宇宙探検車「アドベンチャー」。1968年2月発売で当時350円。箱サイズは約18.5×31.5×4センチ。
当時の広告によると、ミサイルは自動発射、点滅式のライトがつき、観測ドームは上下に可動、広報パラボラレーダーは自動施回式とあります。単三2本使用。
※画像はキャラクターエイジVol.2(発行・株式会社学習研究社)より


●シリーズNo.2 「キングシャーク」
万能海底戦車「キングシャーク」。1968年2月発売で当時450円。箱サイズは約21.5×36.7×4.8センチ。
地上&海上&海底走行。水底走行中、障害物に邪魔されると自動的にレスキューカプセルを浮上させ、地上ではパラボラレーダーが可動し、ミサイルと後部格納庫のミニ・ファイターが発射できます。単二2本使用。
SFシリーズでは、このキングシャークのみ数年毎に再販されていたので、発売時期によるパッケージ違いを気にしなければ、入手は容易です。


●シリーズNo.3 「サブロック」
水陸両用地中戦車「サブロック」。1968年2月発売で当時400円。箱サイズは約19×31.5×4.8センチ。
フィンのついたローターを回転して走り、後部スイッチにより前・後進が自由自在。前輪のキャタピラもローター駆動に連動している。パッケージには水中モーター取付装置付とあるが、組立書を見る限りでは見当たらない。単三2本使用。


●シリーズNo.4 「マリーンバード4号」
フライングサブ「マリーンバード4号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。
水中モーター専用とパッケージに書かれている通り、別売りの水中モーターを購入しないと遊べない仕様になっている。パーツ成形色の一部が、非常にカラフルな蛍光塗料が吹き付けられているのも、このシリーズの特徴の一つ。「光る潜水艦」とは、発光シール(夜光シール)が付き、暗闇で「ぼわ~」と青白く光るのみ。フライングサブの名前の通り、パッケージには空飛ぶ姿が描かれているが、良く見ると、水中モーターもカッコよく描かれているのがわかる。シリーズ通して、成形色違いは確認されていない。


●シリーズNo.5 「マリーンバード5号」
フライングサブ「マリーンバード5号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。下図は当時、同封されていた懸賞チラシ。昭和43年の文字が見える。



●シリーズNo.6 「マリーンバード6号」
フライングサブ「マリーンバード6号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。下図はカラフルな成形色の箱中。
6号は後部パーツのみで、魚雷として遊べる模様。


ニチモは、このSFシリーズ発売以前の1963年にSF探検車を数点発売している。それらはさらに激レアな逸品として人気が高い。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したニチモのSFシリーズ「キングシャーク」、「マリーンバード5号」在庫中です!他SFメカはじめ、各メーカーのSFオリジナルプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 

また、今回紹介したニチモのSFシリーズを始め、60年、70年代、80年代のSFおりじなるプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年6月14日火曜日

バンダイ「ウルトラセブン」のプラモデル その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第83回)
 
今回は、バンダイの「ウルトラセブン」のプラモデルを紹介いたします。
セブンシリーズのプラモデルは、1967年からマルザン(マルサン)が発売し、その後1970年頃からマルザンの資産を受け継ぎながらブルマァクが発売を開始。 いまだブルマァク製セブンプラモデルが市場に展開されている1973年、バンダイからもセブンシリーズのプラモデルが登場。これがバンダイの初のウルトラマンシリーズのプラモデルです。
 
 
1973年に発売されたバンダイのセブンシリーズは、その後、3回再販されますが、今回は、あまり、脚光の浴びない、最初の再販シリーズ(2版)を紹介します。
下図はホーク1号のみで版違いを紹介。元はウルトラホーク1号秘密基地からの単品売りから始まっています。そのため、デカールには「●●秘密基地」表記が残り、そのまま再販にも受け継がれています。
 
1979年当時のバンダイのチラシ。2つ折りの両面カラー。
シリーズは全5種。300円2種、100円2種の計4種が先行発売され、その後にマグマライザーが発売。なので、マグマライザーのみパッケージデザインが他と異なっています。
箱に張られている証紙は「セブン証紙」ではなく、全て「ウルトラマンシリーズ証紙」。
 
 
●バンダイ 「ウルトラセブン セット1」
品番36061-300。発売は1979年3月で当時300円。箱サイズは23.5×15.2×4センチ。ウルトラホーク1号はゼンマイ走行。
「ウルトラセブン セット1」となっていますが、中身は1973年に発売されたウルトラホーク1号(ゼンマイ)に新造の2体の人形が付いた物。この時期といえば、ポピーがキングザウルスシリーズを展開し、第三次怪獣ブーム真っ只中だったため、パッケージもウルトラホークよりも、怪獣がメインになったと思われます。箱側面にマグマライザーの商品紹介はありません。
同封の人形成形色の組み合わせは「セブンとゴモラ」で「青色と黄色」の1パターンのみ確認。
 
初版ウルトラホーク1号には、飛行タイプのセブン1体が付いていますが、この2版からは、新造のアイスラッガーポーズセブンとゴモラ付きに変更。3版は2版と同じ構成で、4版は初版の復刻ということから、飛行タイプのセブンが復活するも、残念ながらゼンマイ走行が省略されて発売されました。
 
 
●バンダイ 「ウルトラセブン セット2」
品番36062-300。発売は1979年3月で当時300円。箱サイズは23.5×15.2×4センチ。ウルトラホーク3号はゼンマイ走行。箱側面にマグマライザーの商品紹介はありません。
 
こちらも、1973年に発売されたウルトラホーク3号(ゼンマイ)に新造2体の人形を付けた物。ウルトラホーク3号の再販による仕様変更は、1号と同様の流れとなっています。
同封の人形成形色の組み合わせは「バルタン星人とレッドキング」で「青色と黄色」「赤色と深緑色」の2パターンを確認。
 
 
●バンダイ 「バルタン星人とウルトラセブン(36023-100)」
●バンダイ 「ゴモラとレッドキング(36024-100)」
両者共発売は1979年3月で当時100円。箱サイズは10×16×3.8センチ。組立図は下箱に印刷。
組立てには接着剤不要で、手足の間接にはゴム管を使用しスムーズな動きを再現。
バルタン星人のハサミは開閉でき、セブンのアイスラッガーは取り外し可能。
人形成形色の組み合わせは「バルタン星人とウルトラセブン」は「赤色と赤色」のみ確認。「ゴモラとレッドキング」は「オレンジ色と茶色」「茶色とオレンジ色」の2パターンを確認。
 
 
●バンダイ 「ウルトラセブン マグマライザー」
品番36065-300。発売は1979年6月頃で当時300円。箱サイズは15.2×23.5×4センチ。マグマライザーはゼンマイ走行。
なぜか、マグマライザーのみ、箱中の帯は無し。
人形成形色の組み合わせは「ゴモラとレッドキング」で「オレンジ色と茶色」「茶色とオレンジ色」の2パターンを確認。
 
 
●あまり市場では見かけませんが、台紙売りの単品商品もあります。
紙裏に組立図が印刷されています。表のイラストのゴモラとレッドキングは、バンダイのゼンマイ歩行プラモデルのパッケージ画を使用していますが、セブンとバルタン星人は見たことがありませんので、描き下ろしのようです。
 
 
完成品です。画像のセブンのみ塗装されています。
 
 
同時期に発売された、バンダイ版のマットアローセット。カタログやチラシには紹介されていないので、謎の逸品と呼ばれています。
側面にセブンシリーズが紹介されていますので、おまけでご紹介しておきます。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したバンダイ「ウルトラセブンシリーズ」、ウルトラホーク1号(初版)、ウルトラホーク3号(初版)など、多数在庫中です!他メカコレはじめ、バンダイのキャラクタープラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 

また、今回紹介したバンダイ「ウルトラセブン」シリーズを始め、60年、70年代、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年5月31日火曜日

ちょっと深いコレクター道 箱留め編

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第82回)

今回は、ちょっと深いコレクター道 「箱留め」編 を紹介いたします。

プラモデルの魅力の一つにパッケージがあり、
そのパッケージは、四隅が留められ、箱状になっています。
こちらをご覧下さい。
絶版プラモデルの箱に、よく見かけるホチキス留め。
商品によっては、「ホトキス留め」と「接着留め」の2パターンが存在します。

「目玉バンダイロゴ」以降の「万歳バンダイロゴ」でも、ものによってはこの通り。
「ホトキス留め」と「接着留め」の2パターンが存在します。
もちろん、このライディーンは「動力なしの復刻版」ではなく、2つとも初版の「電動歩行版」です。


「ホチキス留め」には、なんと、普通のホチキスを使った「横向き」も存在します。
野村トーイのアンドロメダです。
 「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの次に発売した、野村トーイの「宇宙空母ブルーノア」のプラモデル箱も、横ホチキス留めが確認されています。


昔のプラモデルは、ほとんどがホチキスで留められていましたが、
最近のプラモデルは、ホチキスを使わず、接着留めです。
実は、海外では昔から接着留めが主流でした。

こんな「箱の留め型」目線でコレクションの幅を広げるのも、楽しいかもしれません。


絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、60年、70年、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でももバンバン買取中です。
もちろん、ミリタリー系、車など、何でもOK!!  お気軽にお問い合わせください!
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

2016年5月20日金曜日

宇宙空母「ブルーノア」のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第81回)
 
今回は、宇宙空母「ブルーノア」のプラモデルを紹介いたします。
プラモデルは、野村トーイから1種とバンダイから4種の計5種が発売されています。
 
●野村トーイ 宇宙空母「ブルーノア」
野村トーイの宇宙空母「ブルーノア」。当時1000円で、箱サイズは19×32×5.5センチ。価格と箱のサイズは、野村トーイが発売した宇宙戦艦ヤマトの名作プラモデル「1/1000 アンドロメダ」「1/1000 ナスカ」と同じ。付属する台座も、成形色は違うが、野村トーイ1/1000ヤマトシリーズと同じ物を使用している。
デカールは水スライド式ではなく、シールを使用。
宇宙戦艦ヤマトは1/1200、1/1000と展開していたが、ブルーノアは1/1300スケールとされた。
 
最大の特徴は、バンダイ版が「小型潜水艦シイラ」と「戦闘ヘリ」を分離合体できるのに対し、野村トーイ版は分離合体は「小型潜水艦シイラ」のみで、「戦闘ヘリ」は本体と一体造形で分離ができないことである。
発売時期はバンダイ版よりも遅かったと記憶している。
 
 
●バンダイ 宇宙空母「ブルーノア」
バンダイ 宇宙空母「ブルーノア(36136-800)」。発売は1979年11月で当時800円。箱サイズは20.5×36×5.5センチで野村トーイ版よりも大きい。
1979年10月発行の模型情報No.3に発売予告が紹介されている(下図)。
1978年からはじまった、アニメブームによるヤマト売上爆発の恩恵か、この時期のバンダイ商品群には、「ガッチャスパルタン」「シルバーガル」「スカイターボ」「がんばれタブチく」「ドラえもんのタイムマシン」などなど、傑作・名作が多い。
さらに、水面下でガンダム版権取得を画策し、12月に見事取得に成功した時期というのも忘れてはならない。
 
ブルーノアの組立書。「小型潜水艦シイラ」と「戦闘ヘリ」の分離合体がよくわかる。
合体分離のスムーズさや造形など、バンダイ模型の中でも、非常に評価が高く、名作と呼ばれている逸品である。潜水形態変形の際には、砲塔は内臓バネにより、艦内に収納される仕組みになっている。
 
 
●バンダイ メカコレシリーズ
メカコレシリーズとして、3種発売されている。
当時価格は100円で、箱サイズは8.5×15.5×3.8センチ。
価格、サイズ共に宇宙戦艦ヤマトのメカコレと同じだが、シリーズ番号はブルーノアの独自の物を使用。
No.1の「ブルーノア(36137-100)」は1980年1月発売。 No.2の「艦載戦闘機(36138-100)」、No.3の「戦闘ヘリ(36139-100)」は3月発売。そのためか、3種の箱デザインには統一感が無い。
 
800円のブル-ノアに付属する「戦闘ヘリ」とメカコレの「戦闘ヘリ」は、サイズはほぼ同じだが別物。メカコレの開発コンセプトは、スケールなど気にせず、箱に入るランナーサイズで設計するというものなので、たまたまサイズが近くなったと思われる。
バンダイのメカコレサイズの100円プラモデルは、「ブルーノア」の他にも、「科学忍者隊ガッチャマンⅡ」「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「ザ・ウルトラマン」「ムテキング」などもある。「宇宙戦艦ヤマト」の初期10種は1979年1月初年度850万個も売り上げたという。
 
 
ひと昔前までは、バンダイ版よりも野村トーイ版の方が評価額は高かったが、現在ではバンダイ版の方が上である。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したバンダイ版「ブルーノア」を4種全て在庫中です!他メカコレはじめ、バンダイのキャラクタープラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 

また、今回紹介したバンダイ&野村トーイ版の「ブルーノア」を始め、60年代、70年、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でももバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで