2016年9月18日日曜日

「けろっこデメタン」と「みなしごハッチ」のプラモデル

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第89回)
 
今回は、「けろっこデメタン」と「みなしごハッチ」のプラモデルを紹介します。
 
発売は、タツノコプロが1973年に設立した自社ブランドのタツノコランド。
接着剤不要の多色成型スナップキット。
発売は4種共、1973年8月で当時500円。箱サイズは28×19.7×5.5センチ。
 
箱表面に「大懸賞」の丸シールが貼られているのが特徴。貼られていない個体は確認されていません。箱中に応募ハガキがあり、送ると吉田竜夫先生サイン入り原画が当たりました。
帯やタグもカラフルでタツノコプロ作品らしい仕様です。
 
 
●スナップモデルNo.01
けろっこデメタン「なかよし」 商品番号TA-111-500
 
 
●スナップモデルNo.02
けろっこデメタン「虹の池」 商品番号TA-112-500
 
 
●スナップモデルNo.03
みなしごハッチ「どんぐりこ」 商品番号TA-122-500
 
 
 
●スナップモデルNo.04
みなしごハッチ「いも虫くん」 商品番号TA-121-500
 
 
 
この4種には、下画像のように側面に「500円シール」が貼られている物があります。
これは、400円が500円に値上げされたためではなく、600表示を修正するための物。
なので500円シールを剥がすと、その下は「600」となっています。
 
500円シール箱には、下画像左のようなコマ割りをされていない説明書が入っている場合があります。
左の説明書が初期物。表面にはシリーズ600円と紹介されたままになっています。 コマ割りされている方の表面のシリーズ紹介は500円となっています。発売直前に600円から500円に変更になったのか、印刷物のみ600円とミス印刷で上がってきてしまったのかわかりませんが、出荷直前、箱は変更シールで対応し、説明書はそのまま使用されたようです。説明書は次刷りで、読みやすいコマ割り図へと変更され、値表示も修正されたのが図右の物と思われます。
 
 
 
このタツノコランド4種は、アリイから再発売されています。
発売年は未確認ですが、フィギュアブームのあった2000年前後だと思われます。
 
●アリイ製 画像は「なかよし」の再販、「風のコンサート」(品番はKIT NO.A152-1000)
 
当時価格は1000円で、箱サイズはオリジナル箱と同じ28×19.7×5.5センチ。他シリーズの商品名は、「虹の池」は「虹の池」のまま。「どんぐりこ」は「ゆめの森」。「いも虫くん」は「花の遊園地」に変更。
アリイの再販は、コロコロゲームなる紙コロゲーム(4種共通)入り。 このコロコロゲームが欠品の個体がよくあるので、入手時には要確認。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したタツノコランドの「けろっこデメタン」「みなしごハッチ」の4種やアリイの再販全て高額買取中です!!

また、60年代、70年、80年代のキャラクタープラモデルやロボットプラモデル、SFオリジナルプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でももバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

2016年8月31日水曜日

マルサン「ゴジラ」のプラモデルと復刻版 その2

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第88回)
 
前回、マルサンの電動怪獣プラモデル「ゴジラ」を紹介しました。
今回は、復刻版との違いなどを紹介いたします。
 
復刻版はM1号とノスタルジックヒーローズ(以下ノスヒロ)から発売されています。
両社共に、見た目は初期発売の英字ロゴ版をベースに制作されました。
 
 
 
 
●M1号のマルサン「ゴジラ」(1997年末発売)
プラモパーツを全てソフビに置き換えた組立式。価格は6500円。電動機能や足裏タイヤなどは無し。ソフビ製なので、組立てるにはそれなりの技術が必要。リモコンBOXもソフビで再現され、リモコンコードは本物が入っているので、組立てれば見た目はマルサン電動ゴジラとなる。
おまけとして、原寸の「初期組立書」「足軸金属版の改変組立書」「マルザン版の組立書」の3種類と「赤ちゃんシリーズ」のソフビゴジラ(復刻)が付いている。
 
M1号復刻版は歯尖り、右腰の「宝」刻印無しのタイプになっている。
箱上には「復刻シリーズ・・・・・」の文字。
付属の組立書3種はオリジナルそのままのコピーではなく、品番に「‐」などを加え、微妙に変えてある。復刻シリーズ第二弾は「大魔神(ソフビ)」でその後は無い。
 
 
 
●ノスヒロのマルサン「ゴジラ」(2000年発売)
新設計の130モーター組込み済ギアボックスと目玉用赤色麦球を付け、歩行プラモデルとして復刻。価格は5800円。成形色はオリジナルに近い茶色(濃いタイプ)が基本だが、グレー(発売当時、カートンに1個との噂)や金色、そして内部が見える赤透明色、イベント限定の無色透明もある。ノスヒロ復刻版は右腰の「宝」刻印有りのタイプになっている。
見た目はオリジナルだが、中身は新設計。
当時のゴジラは足踏みするだけでちゃんと前に進まないと言われてきたが、ノスヒロのゴジラは写真のように足裏タイヤ周りや歩行システムなどを新規設計し、「ちゃんと歩くゴジラ」を目指して制作されている。
復刻二弾にマルサン電動「ウルトラマン(組立プラモ)」もある。
 
 
 
●バンプレストのミニプラモ「ゴジラ」(2004年12月発売)
見た目はマルサンの「ゴジラ」なのでおまけ紹介。
食玩TOYブームに乗ったマルサンとバンプレストのコラボ企画。「ミニプラモデルコレクション」の一つで定価525円(税込)。ゴジラ以外にバラゴン、エビラなどもある。商品には塗装済みと塗装無しの2パターンがあり、上画像は塗装ありの物。シークレットはグレー色のゴジラ。 イベント会場限定で成形色が金や銀、他色なども発売された。
ノスヒロ版との比較画像。
 
そのまま縮小されたかのような素晴らしい造形。
左はノスヒロ版。ミニプラモの体にはプラモで再現されたギヤボックスがちゃんと入っているというこだわり。このミニプラモに動力を組み込み、電動リモコン歩行に改造させているマニアもいる。
 
最後に、オリジナル箱との違いを紹介。
側面の黒文字をみると、復刻版は「英字ロゴ版一般箱」を参考にしているのがわかる。(英字ロゴ版一般箱については前回紹介)
 
総合的に、M1号版は箱正面に、ノスヒロ版は箱側面にオリジナルとの違いを出しているのがわかる。

復刻版は安値で気軽に入手できますのでお勧めです。
ぜひ、電動歩行する怪獣プラモデルを組み立て、当時を疑似体験して楽しんでください。
ノスヒロの復刻版第二弾のマルサン電動「ウルトラマン」も、しっかりと歩きますので、そちらもお勧めです。

 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、「ゴジラシリーズ」のプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで

 

2016年8月20日土曜日

マルサン「ゴジラ」のプラモデルと復刻版 その1

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第87回)

今回は、「ゴジラ」アニメ化記念として国産「ゴジラ」プラモデル第一号の紹介です。

今回紹介する「その1」は、最初期のマルサン電動プラモデル「ゴジラ」」を詳しく、
そして「その2」では、気軽に入手できる復刻版を紹介いたします。
 
このマルサン電動プラモデル「ゴジラ」は、まだソフビ怪獣も存在しない世界に突如現れた、国内怪獣玩具第一号です。現在まで続く怪獣玩具(TOY)の流れは、ここから始まっています。正確な発売時期は未確認ですが、1964年末と言われています。
 
ゴジラは、怪獣プラモデル第一号ですから、当然、マルサン怪獣プラモデルの中では発売期間も一番長いため、マルサンロゴの変更に伴い、ロゴ違いの箱が存在しています。
 
ロゴ違い3タイプです。初期発売箱と言われている物は、英字のマルサンロゴの物です。
各タイプの正確な発売時期も不明ですが、マルサンロゴの使用期間から推測すると、英字ロゴ版は1964年末~、プラモロゴ版は1966年~、マルザンロゴ版は1967年末~頃と思われます。
また、プラモロゴ版には、側面のGODZILLAロゴが「黒色」「青色」の2種類が確認されています。
 
 
初期発売、最高峰のマルサン英字ロゴ版「ゴジラ」です。
 
この初期発売、最高峰のマルサン英字ロゴ版「ゴジラ」は、下画像の少し小さい左の組立書が入っている物が、初期出荷物と言われ、さらに貴重なお宝となっています。
改訂版の右側組立書は約A3で両面刷りです。このA3版への切り替えは、初期組立書が細かくわかりずらいのと、裏面のぬり絵に、ぬり絵応募の締切日が書かれているため、締切日後の使用ができなくなったためと思われます。このA3版は、マルザンロゴ版登場まで使用されることになるので、金型修正による改訂版もあります。
 
実は、初期出荷物は「箱」にも違いがあり、その最初期箱は、さらなる超激レア品となっています。
 
違いは、箱側面にあります。
※一般箱の側面画像はゴジラTOY博物館(発行/株式会社バンダイ)より
側面、最下段の「リモートコントロール、モーターTKK13、単3 2本使用」の黒文字が、一般箱では、ゴジラの赤文字ギリギリまで上に寄せられています。
これは、下段ギリギリの位置にあった黒文字まで裁断される場合があり、その対処法として、できるだけ黒文字を上にずらしたためと思われます。
マルサン商店「初」のキャラクタープラモデルですから、社として力も入れ、直ぐに対応したのでしょう。
 
当時の裁断技術は、現在のように正確ではないため、下段の文字が半分しか無かったりと、1960年代の「プラモデル箱」には割と良く見かけるミスです。裁断が少し斜めになっていたりする物も、そのまま出荷されたりしている時代でした。
 
裏面がぬり絵になっている初期組立書は、ぬり絵応募の締切が、「昭和40年(1965年)1月31日」と記述してあります。当然、1月31日直前出荷ロットの組立書は、A3版に切り替わっているので、この初期出荷物は、ほんの1ヶ月程の期間しか市場に流れていなかったことになります。コレクター間では、日東科学の黒箱ガメラと同じく、人気の高い、謎の逸品となっています。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、「ゴジラシリーズ」のプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 
 

2016年7月30日土曜日

プラモデルみたいな組立式合金TOY

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第86回)
 
今回も、シンゴジラ公開記念として「ゴジラ」関係キット紹介です。
キットと名は付いていますが、プラモデルではありません。
組立式のプラモデルみたいな合金TOYのご紹介です。
 
ブルマァク、ジンクロン合金の「組立式 ゴジラ」です。
ポピーの超合金を含めた各メーカーの合金TOYの中でもレアな部類に入ります。
当時価格は1400円。普通売りのゴジラ(左)が1350円ですから、安い感じを受けます。
正式名は「ジンクロンキット ゴジラ」。 「GODZILLA」じゃなくて「GOJIRA」になってます。
 
このジンクロンの組立シリーズには、他に「メカゴジラ」とロックバットの「ブレイザー」があります。「ゴジラ」と「メカゴジラ」は同じ箱サイズで、「ブレイザー」は少し小さいです。
箱中です。画像では分かり難いのですが、表面は透明プラ板が蓋のようになっています。
 
ジンクロン合金のゴジラは、画像のように2色が確認されていますが、組立キットのセットは茶色タイプとなっています。
 
組立書です。セットのドライバーで組み立てていきます。
 
組立式と言えば、ポピーのダイカスト「サイクロン号」も有名です。こちらも「ゴジラ」「メカゴジラ」同様に激レア&人気高となっています。
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、「ゴジラシリーズ」のプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年7月20日水曜日

ブルマァク 復刻版「ゴジラシリーズ」の見分け方

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第85回)
 
 
今回は、シンゴジラ公開直前記念として、ブルマァクのゼンマイ「ゴジラシリーズ」のオリジナルと復刻版の簡単識別法をご紹介します。
※ハイパーホビー(平成13年・VOL.34)より
 
 
ブルマァクのオリジナル発売は1975年頃。
金型が発見されたということで、2001年にバンダイから3種が復刻されました。
※画像は3点とも復刻
ゴジラ、ガイガンがゼンマイ走行そのままで復刻され、発売未確認だったキングギドラも同時に金型が発見されたとのことで、少し遅れて同年末にリリースされました。
キングギドラは現在まで発見報告が無く、未発売とされているため、参考にできるパッケージ画がないので茶箱のみとなっています。
 
 
ゴジラとガイガンの流通形態は、下画像のような外箱の中に、Tシャツ1枚と、オリジナルとそっくりな商品が入っています。価格は3種とも各8000円。
 
 
このように、外箱から出してしまうと、オリジナルと復刻版は見分けがつきません。
オリジナルと復刻版では、フォントの違いや文字位置・大きさなど、細かい差異はありますが、非常に簡単な識別方法があります。
 
下画像のように、オリジナルには箱表面下に「ST表記」がありますが、復刻版には「ST表記」はありません。
ガイガンも、同様に識別できます。
写真1枚で簡単に識別できる方法です。ぜひ、ご参考にして下さい。
 
ブルマァクのゴジラ(ゼンマイ・当時1000円)は、金型修正前の「ゴジラ(リモコン・当時700円)」よりも現存数が少なく、レアだと言われています。
地方のリサイクルショップなどでは、オリジナルが復刻版と間違われて紛れている可能性もあります。ぜひ、そんなチャンスに遭遇した際には、お見逃しなく!!
 
 
絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、復刻版各種プラモデル多数在庫中です!ブルマァク「ゴジラシリーズ」も多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 
また、今回紹介したブルマァクのオリジナル「ゴジラシリーズ」始め、オリジナルの「キングギドラ」ありましたら、超高額買取いたします!また、60年、70年代、80年代のSFオリジナルプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで
 
 

2016年6月29日水曜日

ニチモ(日本模型)のSFシリーズ

~CLASSIC PLASTIC MODEL KITS~
(第84回)

今回は、ニチモ(日本模型)のSFシリーズを紹介いたします。
シリーズは全6種。キングシャークのみ、再販を重ねているので知っている方も多いと思います。1968年2月に発売されたNo.1~3の「SF戦車型」、さらに同年5月発売のNo.4~6の「フライングサブ型」の2郡に分けられます。


●シリーズNo.1 「アドベンチャー」
ミサイル宇宙探検車「アドベンチャー」。1968年2月発売で当時350円。箱サイズは約18.5×31.5×4センチ。
当時の広告によると、ミサイルは自動発射、点滅式のライトがつき、観測ドームは上下に可動、広報パラボラレーダーは自動施回式とあります。単三2本使用。
※画像はキャラクターエイジVol.2(発行・株式会社学習研究社)より


●シリーズNo.2 「キングシャーク」
万能海底戦車「キングシャーク」。1968年2月発売で当時450円。箱サイズは約21.5×36.7×4.8センチ。
地上&海上&海底走行。水底走行中、障害物に邪魔されると自動的にレスキューカプセルを浮上させ、地上ではパラボラレーダーが可動し、ミサイルと後部格納庫のミニ・ファイターが発射できます。単二2本使用。
SFシリーズでは、このキングシャークのみ数年毎に再販されていたので、発売時期によるパッケージ違いを気にしなければ、入手は容易です。


●シリーズNo.3 「サブロック」
水陸両用地中戦車「サブロック」。1968年2月発売で当時400円。箱サイズは約19×31.5×4.8センチ。
フィンのついたローターを回転して走り、後部スイッチにより前・後進が自由自在。前輪のキャタピラもローター駆動に連動している。パッケージには水中モーター取付装置付とあるが、組立書を見る限りでは見当たらない。単三2本使用。


●シリーズNo.4 「マリーンバード4号」
フライングサブ「マリーンバード4号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。
水中モーター専用とパッケージに書かれている通り、別売りの水中モーターを購入しないと遊べない仕様になっている。パーツ成形色の一部が、非常にカラフルな蛍光塗料が吹き付けられているのも、このシリーズの特徴の一つ。「光る潜水艦」とは、発光シール(夜光シール)が付き、暗闇で「ぼわ~」と青白く光るのみ。フライングサブの名前の通り、パッケージには空飛ぶ姿が描かれているが、良く見ると、水中モーターもカッコよく描かれているのがわかる。シリーズ通して、成形色違いは確認されていない。


●シリーズNo.5 「マリーンバード5号」
フライングサブ「マリーンバード5号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。下図は当時、同封されていた懸賞チラシ。昭和43年の文字が見える。



●シリーズNo.6 「マリーンバード6号」
フライングサブ「マリーンバード6号」。1968年5月発売で当時150円。箱サイズは約13.5×23.5×4センチ。下図はカラフルな成形色の箱中。
6号は後部パーツのみで、魚雷として遊べる模様。


ニチモは、このSFシリーズ発売以前の1963年にSF探検車を数点発売している。それらはさらに激レアな逸品として人気が高い。

絶版プラモデルの探究は本当に面白いですね。
ぜひ、今回の逸品も、コレクションにお加えください。
 
 
みくに文具 上田大)
絶版プラモデル最新情報はコチラ↓↓
 
 
 
現在、タイムボックスでは、今回紹介したニチモのSFシリーズ「キングシャーク」、「マリーンバード5号」在庫中です!他SFメカはじめ、各メーカーのSFオリジナルプラモデル多数在庫中です!!お気軽にお問い合わせお待ちしております。
 

また、今回紹介したニチモのSFシリーズを始め、60年、70年代、80年代のSFおりじなるプラモデル、キャラクタープラモデルやロボットプラモデル高額買取中です!! 箱だけや組済、その他、何でもバンバン買取中です。
 
 
コレクションを買うも売るも、ぜひ、プラモデルに強いタイムボックスにお任せください。
http://www.timebox.jp/
買取・査定・その他のお問い合わせは、お気軽に 03-5706-4039 まで